ダイヤモンドリングのリフォームを行う際の流れ

ダイヤモンド

まずは相談から始める

本当にリフォームが必要か、リフォームするとしたらどのようなデザインにしたいかなどを、まずは相談して明確にします。

デザイン案と見積もりの確認

相談の内容に沿ったデザイン案を練っていき、同時に見積もりも出してもらいます。すべてに納得ができれば、正式にリフォームの依頼をします。

職人さんの手による加工

その後、実際に加工をしてもらうのですが、作業の内容次第で納期は変わります。ただ、難しいことを依頼しないのであれば、作業は数日で終わります。

完成品の受け渡しと料金の支払い

完成すれば、受け渡しです。払っていない分の料金があれば、この時にすべて払います。サイズの微妙な調整等も、この時に行うのがベストです。

アフターケアも重要な工程の一部

後日問題が発生すれば、アフターケアをしてもらえるケースが多いです。優秀な業者とは末永く付き合っていくことになるので、料金を支払ってそれで終わりというわけではありません。

見積もりは事前にチェック

リフォームを行う際には、しっかりと打ち合わせをする必要があります。また、最終的な金額がいくらになるのかも確認をしておく必要があるでしょう。明確な見積もりを出してもらえないなら、別の業者を使うのが賢明です。

ダイヤのリフォームをスムーズに依頼しよう!

ダイヤモンド

今の時代に合ったデザインへ

デザインの流行には周期があります。昔はおしゃれだったデザインでも、十年も経てば古臭さを感じるようになってしまいます。二十年も経てば、恥ずかしくて付けられなくなっても不思議ではありません。ただ、貴金属類は高価なものですから、デザインが古くなったからといって処分するのはもったいないです。リフォームをすれば、価値を維持させながら、今の時代に合ったデザインに変更をすることができます。

ダイヤ

リングをネックレスに変えることも可能

ジュエリーリフォームの自由度は非常に高いです。例えばリングをネックレスに生まれ変わらせることもできます。宝石はそのまま使えば問題はありませんし、カットの仕方が古いなら新しくカットし直してもらってもいいでしょう。それだけでも、リフォーム前とは違う輝き方をするようになります。リングによく使われているプラチナやゴールドは加工しやすく、ネックレスの土台やチェーンにすることも簡単です。

アクセサリー

ネットからも依頼出来る

ジュエリーリフォームの依頼は、ネット上からでも簡単にできます。ホームページ上に相談や申し込み用のフォームがあるので、そこに必要事項を記入して送信するだけで手続きは済みます。具体的なリフォーム案の打ち合わせは入念に行う必要がありますが、今の時代はそれすらもオンラインで済ませられます。まずはネット上で相談し、その後に店舗に行って具体的に話すという流れがほとんどです。

[PR]
ダイヤジュエリーのリフォームを対応
専門家が親身に対応してくれる

アクセサリーをリフォームした人達の意見

ダイヤ

処分に困っていたので助かりました

バブル時代の古臭い指輪がいくつかあったので、すべて今風のデザインに変更してもらいました。質屋に持っていくのも捨てるのにも抵抗があったのですが、リフォームなら気軽にできてよかったです。古いアクセサリーが無駄にならずに済みました。

自分の好きなデザインにできる点が素晴らしい

ダイヤの婚約指輪をリフォームしたのですが、リフォーム時に自分の意見を取り入れてもらうこともできました。その結果、今までのものよりも愛着が湧くようになりました。自分の好きなデザインに近づけられるのが、リフォームの素晴らしさだと思います。

[PR]
財布が壊れたら修理に出す
傷修復から汚れ落としまでできるプロ

広告募集中